So-net無料ブログ作成

ルノ。 [絵]

この春、楽しみにしている美術展があります。

ルノワール2010-3.jpg

ルノワール2010-4.jpg

ルノワール-伝統と革新》展です。東京では明日まで開かれていますが、4月17日から大阪の国立国際美術館にやってきます。

ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841-1919)はフランスの画家ですが、印象派ということになっています。

大阪展では、東京展にはなかった上記チラシの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」が展示されます。

先日、宣伝用の組み立て式卓上カレンダーを貰ってきました。

ルノワール2010-1.jpg

ルノワール2010-2.jpg

GWを挟む開催時期なのできっと混むでしょうけど、カレンダーを眺めて指を折りながら楽しみにしています。

本日の練習:F.CuttingのGalliardとJ.DowlandのLachrimae antique Pavin。

今日は出勤でしたが、仕事の方は順調に進んでいます。

nice!(34)  コメント(46) 
共通テーマ:音楽

平山郁夫さん逝去 [絵]

画家の平山郁夫さんが12月2日にお亡くなりになりました。昨日の夕刊の一面に載っていましたので、ご覧になった方も多いと思います。

平山さんはシルクロードを描いた絵や法隆寺金堂壁画や高松塚古墳壁画の模写、敦厚の莫高窟の保存事業などたくさんの業績を残されましたが、奈良の薬師寺玄奘三蔵院壁画の《大唐西域壁画》が思い出されます。(壁画は玄奘塔北側にある大唐西域壁画殿にあります。

今日帰宅すると、以前に申し込んでいた新聞の読者プレゼントのカレンダーが届いていました。

平山郁夫.jpg

平山郁夫さんの素描カレンダーです。何という偶然。

ご冥福をお祈りします。

本日の練習:"70 Easy to Intermediate Pieces for Renaissance Lute"の49、51。

nice!(25)  コメント(37) 
共通テーマ:音楽

バロック・ギターを弾く男 [絵]

昨日の記事の曲集の表紙に使われているバロック・ギターを弾く男の絵は、CDのジャケットなどにも使われていて、よく見かけます。以前紹介しましたHopkinson SmithのGuerau作品集のジャケットもこの絵ですね。

The Baroque Guitar-4.jpg

この絵はJean Daret(1613-1668)による"Portrait of the artist as a guitarist"と題された絵で、フランスのエクスアンプロヴァンスにあるMusée Granetに収蔵されています。

Jean Daretはブリュッセルで生まれ、後にルイ14世の画家に任命されています。そして亡くなったのがエクスアンプロヴァンスでした。

さて、この絵の楽器は5コースのバロック・ギターですが、人物との比較で考えると弦長が長い楽器のように見えます。ラスゲアード(かき鳴らし)の最中ですね。楽器のボディとネックのつなぎ目あたりで行っています。

楽器を弾く姿は絵になるのでしょうか、たくさん描かれ残っています。そして、当時の奏法を知るための大切な資料になっています。

本日の練習:"70 Easy to Intermediate Pieces for Renaissance Lute"の13~20。

nice!(15)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽

黄金の階段 [絵]

朝日新聞で配布している額絵シリーズ、絵画が好きなのでいつもお願いしているのですが、今は《ミレイとイギリス絵画の至宝》シリーズです。

ミレイとイギリス絵画の至宝.jpg

今日届けて頂いた第7回と第8回の4枚の絵の中で気になったのは、エドワード・バーン=ジョーンズ(1833-1898)の《黄金の階段》。

これです。

古代風の衣装を着けた女性が、いろいろな楽器を持って階段を降りています。優雅な絵です。

絵の裏に書かれた説明によると、「ラファエル前派の第2世代に属する画家。イギリス生まれ。最初は聖職者を目指していたが、工芸作家ウィリアム・モリスと出会って美術への道を進む。1856年にロセッティと出会い、大きな影響を受ける。中性的な主題にひかれ、ロマンティックで夢想的な場面を好んで描き、作品を発表しはじめた70年代後半以降、一気に評価が高まった。」とあります。

今日は多忙につき練習をお休みしました。

nice!(12)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり気になるフェルメール [絵]

やはりどころか相当気になっています《フェルメール展》ですが、なかなか行けません。

本日発売の『芸術新潮』9月号、特集が「やっぱり気になるフェルメール-世界全16美術館完全ガイド付-」、新聞の広告で見て、帰りに書店に寄ってきました。

芸術新潮2008_09.jpg

絵の写真もいいのですが、読み物が面白かった。金澤正剛さんの選んだフェルメールの時代を「耳で知る」CDというコラムもありました。

時間をつくらなきゃ。

本日の練習:Francesco da Milanoの"Ricercar No.69"、"The Art of the Lute in Renaissance Italy Volume II : Dances"のNo.2~4(Pavana alla ferrarese, Saltarello, Piva)。

nice!(5)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

モディリアーニ展 [絵]

フェルメール展が始まりました。夏には行けそうにない状況ですが、12月までには何とか都合を付けたいと思います。

書店で貰ったチラシ(割引券)です。

モディリアーニ.jpg

関西で2つのモディリアーニ展が開かれていました。姫路の方は昨日で終わってしまいましたが、大阪・中之島の国立国際美術館の方は9月15日まで、こちらは行けそうです。

初めてモディリアーニの絵を見たのが大原美術館、大学生のゼミ旅行で倉敷を訪れたときでした。「ジャンヌ ・エビュテル夫人肖像」ですが、モディリアーニは彼女の肖像画を何枚も残しています。35歳で亡くなったモディリアーニを追って彼女も21歳でこの世を去っています。

大阪でも彼女の肖像画が2点出展されています。

本日の練習:Francesco da Milanoの"Ricercar No.69"。それとお気に入りの"Fantasia No.28"と"Ricercar No.10"、Dowlandの"Lord Willoughby's welcome home"。

nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよフェルメール展 [絵]

まだまだ先だと思っていました東京都美術館で行われる『フェルメール展』が、今朝の朝日新聞の別刷りで特集されていました。

フェルメール展.jpg

結局7点がまとまって来日、見に行きたいですね。

有吉玉青さんも一文を寄せていました。

本日の練習:"A new varietie of lute lessons"のNo.36~41。

やっと一週間が終わりました。今週はいろいろとあって長かったです。

nice!(5)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

だまし絵 [絵]

いつか記事にしようと撮っておいた写真ですが、すっかり忘れていました。帰宅したときに放送されていたTV番組で、「だまし絵」を特集していましたので思い出しました。

だまし絵.jpg

大阪駅にあるだまし絵のある地下通路、その中でも一番出来がよいと思った絵です。実際、本当にドアがあるように見えます。

そう言えば、運営が危ぶまれているイシハラ・ホールにもだまし絵がありました。

本日の練習:"A new varietie of lute lessons"のNo.36~41。

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

フェルメール展 [絵]

来夏、東京都美術館にフェルメールの絵が6点以上やってくることになった、と先日発表されました。東京にしかやってこないので出掛けるしかないか。でも、あんな小さな絵、人混みでじっくり鑑賞できないのだろうな、と思うと迷うところです。来夏までゆっくりと考えることにします。

今から考えると、昨年末オランダ国立博物館で見ました「手紙を読む女」、「牛乳を注ぐ女」「恋文」、3点も同時にじっくり見られて、幸せな経験でした。(しかも当初予定になかったオプションでしたし。)

現在、同僚に貸し出し中の新書『フェルメール全点踏破の旅』、とても面白い本でした。カラーのフェルメールの絵全点、旅の話、絵の見方など興味深く読みました。

フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) (集英社新書ヴィジュアル版)

フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) (集英社新書ヴィジュアル版)

  • 作者: 朽木 ゆり子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/09/15
  • メディア: 新書

本日の練習:ダウランドの"The Frog Galliard"とパッヘルベルの「カノン」もどき。


nice!(7)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

ポスト・カード(3) [絵]

今日、同僚から頂きましたポスト・カードです。連休にご家族で出掛けられた際、フェスティバル・ホール近くのミュージック・ショップで見付けられたとか。

猫がギターを弾いているポスト・カードは持っていなかったのです。ありがとうございました。

本日の練習:指ならしに3音のアルペジオの練習、"40 Easy to Early Intermediate Pieces for Renaissance Lute"のNo.4~8、ダウランドの"Lachrimae"と新曲(まだ内緒)。


nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。