So-net無料ブログ作成
検索選択

メイプル [楽器]

楽器で使われる木材は、音に関係する実用的な面と装飾的な面の両方で選ばれるのですが、側板や裏板にはとよばれる装飾的な模様がある木材が使われることがあります。

杢について、Wikipediaではこう説明されています。

原木の瘤の部分など異常成長で生じた局部的なねじれや湾曲を起こした箇所を切り出したときに、稀に現れる柾目とも板目とも異なる複雑な模様の木目

現代のクラシックギターの裏板にはハカランダやローズウッドが使われることが多いのですが、19世紀ギターではメイプルの楽器をよく見掛けます。

虎杢のメイプルは、ヴァイオリン同様19世紀ギターでもよく使われています。

maple-01.jpg

オリジナルの楽器です。一枚板の素晴らしいシカモアです。黄色いのはニスの色でしょう。

maple-02.jpg

これはレプリカです。均等に虎杢が入った木材です。

maple-03.jpg

これも現代の楽器です。見る方向によってはもっと虎杢が見えますが、木目の方がはっきりしたメイプルです。

鳥眼杢(バーズ・アイ)のメイプルも使われることがありますが、実際に使われたギターをこちらで見ることができます。

今日の練習:Joanne MatelartのFantasia primaとFantasia terza

なかなか体調が戻らず、年末の忙しさも加わって、ご訪問もままならず心苦しく思っています。

nice!(39)  コメント(11) 
共通テーマ:音楽

Ukulele [楽器]

昨日登場しましたウクレレですが、ジツは初体験でした。

Ukulele-01.jpg

とにかくちっちゃくって可愛いです。

19世紀ギターの上にのっけてみました。

Ukulele-03.jpg

弦長も19世紀ギターが630mmに対して、ウクレレの方は350mmです。

フレットもこれだけ違います。(12フレットを同じ位置に揃えてあります。)

Ukulele-02.jpg

抱え方も研究が必要です。ストラップを付けるのがよいかも知れません。

この楽器コンサートタイプで、これより下にソプラノ・タイプという小さな楽器がありますが、ギターやリュートに慣れた指にはこれが限界です。

ウクレレはポルトガル人が持ち込んだブラギーニャという楽器が起源とされますが、この楽器はブラーギーニャ風の細身のデザインです。さらに番外弦が付いていて面白いことができそうです。

調弦はルネサンス・ギターと同じで上からAECG、ギターの1~4弦の5フレットと同じ音です。(4弦はオクターブ高く調弦されることも多いのですが、現在Low-Gになっています。)なので、違和感なく弾くことができます。

弾いていて楽しい楽器です。

今日の練習:Joanne MatelartのFantasia primaとFantasia terza

(追記2010.12.14.)
ヘッドはこうなっています。一緒に写っている19世紀ギターと同じで8の字型のヘッドに木ペグです。

Ukulele-04.jpg

こちらは19世紀ギターのヘッドです。

Peg_Petitjean-02.jpg

nice!(54)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

Brian Cohen [楽器]

英国リュート協会の会誌"Lute News"の裏表紙に、アメリカ在住のリュート奏者Timothy BurrisさんのCDの広告が載っていました。

Timothy Burris-01.jpg

バロック・リュートを抱えた写真が載っているのですが、指板のインレイが見事で見とれてしまいました。

Timothy Burris-02.jpg

こちらの動画にも出てきます。(指板の写真は1:03から。)

Alessandro PiccininiのToccataです。



この楽器は、英国のギター製作家Brian Cohenによるものだそうです。

彼のHPのギターの写真は、トーレスのコピーですが、こちらの装飾も見事です。

詳しい写真をこちらで見ることができます。

美しいギターです。

今日の練習:Joanne MatelartのFantasia primaとFantasia terza

nice!(53)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

19世紀ギターのコピー [楽器]

まだ(モダン・)ギターを弾いていた2001年1月に、ギター・ショップで出会ったのがこの楽器でした。

Kuroda Lacote-01.jpg

黒田義正、Lacoteコピー、2000年

19世紀ギターについてあまり知らなかったときでしたが、試奏してみてすぐに気に入った楽器です。製作者の黒田さんは兵庫県で19世紀ギターを中心に製作されています。

Kuroda Lacote-03.jpg

Kuroda Lacote-02.jpg

この楽器は、19世紀にフランスで活躍した製作家Lacoteのコピーです。

バックとサイドは楓です。縞模様が美しいです。

Kuroda Lacote-04.jpg

Kuroda Lacote-05.jpg

小ぶりであるにも拘わらず、楽器全体でよく鳴ります。

以前練習で録音した音のサンプルです。爪ではなくリュートと同じく指頭で弾いています。弦は高音側がNlygut、低音はライトゲージのクラシック・ギター用の金属巻き弦です。

いろいろ試したのですが、低音弦はテンションを下げるとビリつくので、19世紀ギターとしてはやや高めのテンションかも知れません。



今日は楽器の練習をお休みしました。

nice!(49)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

ギターの糸巻き [楽器]

昨日、リュートのペグの記事を書きましたが、(モダンギターの機械式糸巻きもペグと言います。ややこしいので、ここでは機械式糸巻きの方を糸巻きと書きます。

ギターの糸巻きは、フリクション・ペグに比べると簡単に精密なチューニングができます。これはウォームギヤの仕組みによるものです。

ウチのギターの糸巻きです。ウォームギヤの部分です。

Gilbert_Peg-02.jpg

この糸巻きはアメリカJohn Gilbertが作っているもので、彼は元々はギター製作家(その前はコンピュータ技師)でした。彼のギターはピン・ブリッジ等独創的なものですが、現在はギター製作を息子に引き継ぎ、彼は糸巻きの製作に専念しています。

Gilbert_Peg-03.jpg

つまみはスネークウッドです。

Gilbert_Peg-04.jpg

古い時代の機械式糸巻きのつまみや弦を巻く部分は象牙で作られていましたが、現在ではプラスチックが主流でしょうか。Gilbertの糸巻きは金属製で黒いのが特徴です。

Gilbert_Peg-01.jpg

Gilbertの糸巻きはちょっと無骨で好みは分かれるでしょうけど、使い勝手はよいものです。

ギターに取り付けてしまうと見ることができない裏はこうなっています

この楽器には元々別の糸巻きが付いていました。やはりアメリカのSloaneのものです。

デザインは優雅で操作性もよかったのですが、つまみが軸の金属に突っ込んであるだけ(ねじで止めていない!)なので、緩んできて抜けることがありました。一度無償で交換して貰ったのですが、やはりダメでしたのでかっちりと作られているGilbertのものに換えました。

ギターの糸巻きは結構値段が高いもので、イギリスRodgersのものはちょっとしたギターが買えてしまいます。

日本にもGotoh(後藤)というメーカーがあって優れた糸巻きを作っています。

今日は夕方から会議が2つ入って帰りが遅くなりましたので、練習をお休みしました。

nice!(56)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

ペグ [楽器]

リュートやバロックギター、(初期の)19世紀ギターなどの弦楽器の調弦にはヴァイオリンのような木製のペグが使われています。

フリクション・ペグと呼ばれるもので、木と木の摩擦で弦の張力を保つというものです。

ペグのつまみのデザインはいろいろで意匠が凝らされています。

先ずはリュートのペグから。

丸いタイプです。

Peg_Lundberg.jpg

peg_oku.jpg

ハートの形のものもあります。

Peg_Haycock.jpg

ギターのペグは裏から差し込むような構造になっています。

バロックギターから。

Peg_Busato-02.jpg

Peg_Busato-01.jpg

19世紀ギターです。楽器は約200年前に製作されたオリジナルですが、(消耗品の)ペグは現代のものに換装されています。

Peg_Petitjean-02.jpg

Peg_petitjean-01.jpg

楽器ではありませんが、ギターに使うカポタストにもペグが使われているものもあります。

Peg_Capo.jpg

木ペグによる調弦は慣れても結構大変ですが、モダン・ギターのような(結構重量のある)金属のマシンによるものと違ってヘッドが重いということはありません。木ペグとマシンでは音色も変わるようです。

フラメンコ・ギターでは木ペグの楽器も見掛けますね。

今日の練習:Marco dall'AquilaのRecercarを2曲。

nice!(51)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

新しい仲間 [楽器]

少し前に新しい仲間(楽器)を手に入れていました。

MartinHaycock 2010_08_29-03.jpg

MartinHaycock 2010_08_29-04.jpg

ペグのつまみはハート型です。

MartinHaycock 2010_08_29-07.jpg

リブはイチイでとても軽く、反応のよい楽器です。

MartinHaycock 2010_08_29-01.jpg

新しいと言っても中古なのですが、試奏してみて音が気に入って譲って頂きました。

音だけは既にここでデビュー済みなのですが、再掲します。

(注)ダウンロードで手に入れた楽譜は、メロディの冒頭で一箇所音が間違っていますが、そういうヴァージョンもあるのかとそのまま録音しています。でもやはり間違いですよね。(^^;)





このときは、もともと張られていたガット主体の弦で録音したものです。

7コースの低音は銅の巻き弦、4コースのオクターブ弦はNylgut、1コースは元々張られていたNylgutが調弦中に切れたのでナイロン弦、それ以外はガット弦です。

既に2コースも切れる寸前で、6コースの低音弦は開放で調弦しても2フレット以上でピッチが合わない状況でしたので、そのあたりは誤魔化しながら録音しました。(^^;)

意外とメロディ担当の1コースのナイロン弦がいい感じです。この楽器に向いているかも知れません。中低音の太い音はガット弦ならではの音です。

ガット弦を張った状態ではとても弾きやすく、音楽も歌わせやすかったのですが、(温度や湿度変化でピッチが変わりやすいので)今後アンサンブルでも使うことを考え、Nylgutと金属巻き弦に交換しました。4~5コースはオクターブではなくユニゾンにしました。

音はこんな感じになりました。



音の伸びはよいのですが、全体的に線が細くなった印象です。様子を見て、低音弦を銅の巻き弦、1コースをナイロン弦に交換するかも知れません。

MartinHaycock 2010_08_29-05.jpg

MartinHaycock 2010_08_29-06.jpg

MartinHaycock 2010_08_29-02.jpg

7 course Renaissance Lute, Martin Haycock, January 1996

本日の練習:バロックギターでGaspar Sanzの"Espanoletas"

nice!(51)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽

外国様からの [楽器]

今日帰宅すると海外からの郵送物が3つ届いていました。

1つはイギリス・リュート協会からの会誌ですが、これはいつもポストに入っています。

あとの2つはドイツイタリア注文していましたリュートの弦です。これは国際郵便物の書留扱いなので印鑑もしくはサインが必要です。

外国様-01.jpg

おかしかったのは、「郵便物お預かりのお知らせ」の差出人様の欄に「外国様からの」と書かれていたことです。

無事受け取りました。

外国様-02.jpg

ビックリしたのは、イタリアのAquila社の処理の速さです。

注文したのが8月9日、その日の内に確認のメールがやってきました。8月12日にPayPalと通じて支払いの請求がきました。見るのが1日遅れて、支払ったのが8月13日です。同日の8月13日の消印がありました。それから11日で商品が届きました。注文してから15日です。

前回は注文してから22日でした。

さて、もう一点の弦ですが、ドイツのKürschner社です。こちらはこまめにメールを出さないようで注文日の記録がメールで残っていない(判明しました。注文日は8月13日でした。金曜日でしたので処理が翌週になったのでしょう。)のですが、PayPalを通じて支払ったのが8月17日です。それから1週間で届きましたので優秀ですね。

こちらの消印は8月18日でした。

本日の練習:バロックギターでGaspar Sanzの"Espanoletas"

nice!(47)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

電子チューナー [楽器]

以前にも記事にしたことがありますが、調弦に電子チューナーは必須です。

普段使っているのはKORGのオーケストラ・チューナーOT-12です。現在では形も変わって新しい型OT-120になっていますが、機能は同じです。

KORG OT-12.jpg

古典調律もプリセットされているので手放せません。

明日はアンサンブルの練習なので、楽器に直接付けられるクリップ式のチューナーを持って行こうと探したのですが見当たりません。

仕方がないので新しいものを購入しました。KORGのAW-2Gです。

KORG AW-2G.jpg

以前持っていたものより小型で感度もよさそうです。

もう少し早く気付けばAmazonの方が安かったですね。



本日の練習:バロックギターでGaspar Sanzの"Canarios"

(追記2010.8.22.)
オーケストラ・チューナーOT-120はJohsin webが最安値です。但し、入荷が10月上旬のようです。

Amazonには1点在庫があるようですが、やや高めです。

nice!(53)  コメント(26) 
共通テーマ:音楽

ミーントーン(2) [楽器]

昨日記事にしましたミーントーン、A=415Hzの調律、ピッチで録音してみました。

Oku Lute 2010_07_21.jpg

これは以前お聴き頂いた平均律、A=440Hzです。



こちらがミーントーン、A=415Hzです。



半音下がっているのでさっぱり分からないと思います。弾いている本人もよく分かりません。(^_^;)それでも、響きがちょっと違うかなぁくらいには分かるかも知れません。

ピッチを揃えればよかったのですが、時間がないので済みません。15本の調弦は一仕事です。

興味のある方は、昨日の記事に頂いたコメントにあります奇士さんの演奏をどうぞ。

さて、こちらは昨日紹介し忘れた腕カバーです。

Oku Lute 2010_07_20-01.jpg

ボウルの塗装はセラック・ニスなのですが、熱や汗に弱いので、半袖の夏は腕カバーをして練習します。以前から愛用している猫のイラスト入りです。

本日の練習:J.DowlandのLachrimae antique Pavin

nice!(54)  コメント(28) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。