So-net無料ブログ作成
検索選択

Getting Ready for Christmas Day [YouTube等]

クリスマスの時期になると思い出されるのが、サイモンとガーファンクルが歌う「7時のニュース / きよしこの夜」です。

YouTubeで検索するとたくさん動画が出てきますが、著作権上問題があると思いますので、試聴先のリンクはこちらにしておきます。

シンプルなピアノ伴奏でS&Gが歌う美しい「きよしこの夜」のバックに7時のニュースが流れています。

上院議会での住宅開放の問題、コメディアンの死、キング牧師のデモ行進殺人犯の公判、ヴェトナム反戦運動・・・、穏やかなクリスマスの歌と不安な社会情勢を対比させたかったのでしょうか。

さて、今年69歳のPaul Simonが、新曲"Getting Ready for Christmas Day"を出しました。「クリスマスの準備中」とでも訳せばよいのでしょうか。彼のHPでPVを公開しているほかMP3で曲をダウンロードできます。(クリスマス・プレゼントでしょうか。)



来春発表されるアルバム"So Beautiful Or So What"からのシングル・カットで、クリスマスに合わせて発表されたようです。

5年ぶりのアルバムですが、まだまだ元気に活躍されていますね。

今日の練習:Joanne MatelartのFantasia primaとFantasia terza

nice!(45)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 45

コメント 6

perseus

こんばんは。
69歳とは思えないくらいのPaul Simonの高音な
声ですね!?ポップ調で聴き心地が良い曲ですね^^/
by perseus (2010-12-26 01:00) 

センニン

「7時のニュース / きよしこの夜」、懐かしいですね。
この曲を聴くとニュース映像が目に浮かびます。
悲惨な映像に美しいメロディーを乗せた映画『世界残酷物語』を連想します。
ギター伴奏でも良いのではないかという印象もあります。
「明日に架ける橋」のピアノを弾いた人が以前 TV で紹介されていましたが、このピアノもその人でしょうか?
by センニン (2010-12-26 08:29) 

Caelum

楽しげなクリスマスの様子の中に、社会風刺的な
メッセージが込められたクリップですね…
幸せであるべき日だからこそ、本当の幸せを願って
こういうクリップを製作されたんでしょうね。
by Caelum (2010-12-26 15:19) 

ナビパ

年齢を感じさせない声の張り凄いですね。
by ナビパ (2010-12-26 16:28) 

リン

クリスマスって楽しい反面、反戦要素もある気がします。
こういう風に、クリスマスソングに乗せて、戦場の様子がPVに入れられてたり。。。
by リン (2010-12-27 07:56) 

Cecilia

またゆっくり聴かせていただきます。
by Cecilia (2010-12-27 19:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。