So-net無料ブログ作成

ギターの糸巻き [楽器]

昨日、リュートのペグの記事を書きましたが、(モダン)ギターの機械式糸巻きもペグと言います。ややこしいので、ここでは機械式糸巻きの方を糸巻きと書きます。

ギターの糸巻きは、フリクション・ペグに比べると簡単に精密なチューニングができます。これはウォームギヤの仕組みによるものです。

ウチのギターの糸巻きです。ウォームギヤの部分です。

Gilbert_Peg-02.jpg

この糸巻きはアメリカのJohn Gilbertが作っているもので、彼は元々はギター製作家(その前はコンピュータ技師)でした。彼のギターはピン・ブリッジ等独創的なものですが、現在はギター製作を息子に引き継ぎ、彼は糸巻きの製作に専念しています。

Gilbert_Peg-03.jpg

つまみはスネークウッドです。

Gilbert_Peg-04.jpg

古い時代の機械式糸巻きのつまみや弦を巻く部分は象牙で作られていましたが、現在ではプラスチックが主流でしょうか。Gilbertの糸巻きは金属製で黒いのが特徴です。

Gilbert_Peg-01.jpg

Gilbertの糸巻きはちょっと無骨で好みは分かれるでしょうけど、使い勝手はよいものです。

ギターに取り付けてしまうと見ることができない裏はこうなっています

この楽器には元々別の糸巻きが付いていました。やはりアメリカのSloaneのものです。

デザインは優雅で操作性もよかったのですが、つまみが軸の金属に突っ込んであるだけ(ねじで止めていない!)なので、緩んできて抜けることがありました。一度無償で交換して貰ったのですが、やはりダメでしたのでかっちりと作られているGilbertのものに換えました。

ギターの糸巻きは結構値段が高いもので、イギリスのRodgersのものはちょっとしたギターが買えてしまいます。

日本にもGotoh(後藤)というメーカーがあって優れた糸巻きを作っています。

今日は夕方から会議が2つ入って帰りが遅くなりましたので、練習をお休みしました。

nice!(56)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

nice! 56

コメント 10

hirochiki

夕方から会議が2つも入っては、大変でしたね。
お疲れ様でした。
早いもので、今日はもう金曜日ですね。
最近、ますます時の経つのが早く感じられます。

by hirochiki (2010-09-17 05:19) 

リン

チューニングは分かりませんが、こういう、ぜんまいをみると、なんだか懐かしくもあり、わくわくします(#^.^#)
by リン (2010-09-17 06:03) 

土芽

会議お疲れ様でした。
糸巻き部分もこうしてアップにしてみると芸術的ですね。
こういうの結構好きです♪
by 土芽 (2010-09-17 06:34) 

やまがたん

糸巻き、されど糸巻き
さりげなく色々なお洒落が出来そうですね☆
by やまがたん (2010-09-17 06:42) 

スマイル

おはようございます
糸巻きって、このようにされるのですね☆
大切な舞台裏を見せていただいたかのようです。

会議、お疲れさまです。夜の2つはきついですね~
by スマイル (2010-09-17 07:47) 

センニン

ヴァイオリンもこうであったらチューニングが楽なのにと思ってしまいますが、普通のヴァイオリンでは誰もやろうとしないでしょうね。
以前ご紹介しましたフレット付きのヴァイオリンである「ネオリン」はこんなでしたが。
ヴァイオリンの仲間(厳密に言えば違うのですが)であるコントラバスは機械式ですね。
by センニン (2010-09-17 20:45) 

yablinsky

糸巻きにも深い世界があるのですね。
私などがうかがい知らぬ世界を教えていただき感謝します。

by yablinsky (2010-09-17 22:21) 

Caelum

メカニカルで素敵です、こういうの好きなんです(*´д`)
人間の力と機械の力、双極を成すものが協力し合って
音楽が奏でられるのだと思うと、ちょっと感動します。
by Caelum (2010-09-18 13:14) 

matcha

糸巻きは、結構頑丈にできてるもんなんですね。
昔は、象牙なんか使ってるということは、装飾に力を入れてたということですね。
でも、気持ちはよくわかります。
by matcha (2010-09-18 18:08) 

Cecilia

ギターの糸巻き、好きです。(巻きやすいから)
でもたまにしか弾かないと巻く方向を忘れてしまいます。
ヴァイオリンの糸巻き・・・ものによると思いますが、私のは安いせいもあって巻きにくくて嫌いです。
by Cecilia (2010-09-22 08:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。